神戸製鋼所の新たな品質データ改ざんが明らかになった。2017年10月11日に同社は焼結(粉末冶金)部品向けの鉄粉製品と、電子部品向けのスパッタリング・ターゲット材で、品質データの書き換えなどがあったと発表した(図1)。

図1 会見した常務執行役員の勝川四志彦氏(左)と、経営企画部担当部長の宮岡伸司氏
[画像のクリックで拡大表示]

 鉄粉製品は同社の高砂製作所で2016年度に生産した140トン、ターゲット材は同社の子会社であるコベルコ科研(ターゲット事業本部)高砂事業所で、2011年11月以降に生産した6611枚が対象になる。出荷先は鉄粉製品が1社、ターゲット材が70社である。同社は11日の会見で、具体的な顧客名は明かさなかった。

神戸製鋼は3日前の10月8日に、アルミニウム(Al)合金と銅(Cu)合金製品で品質データの書き換えがあったと発表したばかり(関連記事:神戸製鋼が10年前から品質データ改ざん)。相次ぐデータ改ざんの発覚によって、同社の素材メーカーとしての信頼は大きく揺らいでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら