車載半導体で業界1位(米Strategy Analytics社、2016年)のオランダNXP Semiconductors社は、車載MCU/MPUを一新する(ニュースリリース)。全製品のCPUコアを英Arm社製に統一し、共通プラットフォームをベースに設計した。これによって、ユーザーは単一の環境で全製品のアプリケーションを開発できるようになる。新MCU/MPUとそのアプリケーション開発環境を合わせて、同社は「S32 Processing Platform」と呼ぶ。

Ross McOuat氏。日経テクノロジーオンラインが撮影。

 来日した同社のRoss McOuat氏(Vice President, Marketing and Distribution, Automotive Microcontrollers and Processors)によれば、同社が車載MCU/MPUを一新した背景には、クルマのコンピューティング・アーキテクチャーの変化がある。従来は各ECU(Electronic Control Unit)は緩くつながっているだけで、基本的に独立して稼働していた。一方、将来の自動運転車では、中央制御を司るCPUを中核にして、ほとんどのECUが連携動作する。「ECUに載るMCU/MPUはこのアーキテクチャーの変化に対応する必要がある」(同氏)。新しいアーキテクチャーに対応するNXPの製品がS32 Processing Platformである。

* MCUとMPUの違いは、コードメモリーの混載/外付けなどにある。フラッシュメモリー(やROM)などのコードメモリーを混載したのが典型的なMCU。コードメモリーを外付けDRAMに格納するのが典型的なMPUである。
クルマのコンピューティングアーキテクチャーが変る。NXPのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、同社の車載向けMCU/MPUは、ARMコアやPOWERコアなど、複数種類のCPUコアをベースにした製品がある。各ECUが独立動作する従来のクルマではこれでも良かった。自動運転車に対応する、新しい車載向けMCU/MPUは、連携動作が必須となる。そこで、S32 Processing PlatformのMCU/MPUでは、CPUコアを英ARM社製品に統一した。「Cortex-M」、「Cortex-R」、「Cortex-A」をベースにする製品があるが、すべて共通プラットフォームをベースに設計している。これによって、Cortex-Mコアを中核にしたパワーウインドウ処理向けMCUから、複数のCortex-Aコアを中核にしたADAS/自動運転向けMPUまで、ユーザーは単一の開発環境でアプリケーションを開発できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら