「ScaleIOはスケーラビリティー、多様性に優れたSDS(Software Defined Storage)。データセンターなどの大規模環境に適しており、そのようなユーザーを中心に導入されている」(EMCジャパン ソフトウェアデファインドストレージ事業の林孝浩氏)――。EMCジャパンは2017年9月22日、SDSに関する記者説明会を開催し、日本におけるSDS市場の動向と共に、EMCジャパンのSDS製品である「ScaleIO」が狙うマーケットなどを解説した。

EMCジャパン ソフトウェアデファインドストレージ事業の林孝浩氏

 SDSとは複数のサーバーがそれぞれ搭載するDAS(Direct-Attached Storage)を仮想化して、個々のアプリケーションからはSAN(Storage Area Network)の外付けブロックストレージとして利用できるようにしたもの。ScaleIOは市販のx86サーバーで稼働するソフトウエア、ScaleIOをプリインストールしたコンバージドシステム「VxRack」、米Dell Technologies社のPowerEdgeサーバーで動作検証した「ScaleIO Ready Nodes」といった形態で提供されている。

 EMCジャパンにはScaleIO以外にも、複数のSDS製品がある。PowerEdgeサーバーに米VMware社の「vSAN」または米Microsoft社の「S2D」といったSDSソフトをインストールして動作検証したReady Nodes、vSANをプリインストールしたコンバージドシステム「VxRail」、米Nutanix社のHCI(Hyper Converged Infrastructure)ソフトをプリインストールしたアプライアンス「XCシリーズ」などである。スケールアウトNASのIsilonをVMwareの仮想アプライアンスとした「IsilonSD Edge」、ユニファイドストレージアプライアンス「Unity」を同じくVMwareの仮想アプライアンスとした「UnityVSA」もある。

 このうち、vSANはVMware ESXi、S2DはHyper-Vという特定のハイパーバイザーと垂直統合されている。これに対してScaleIOは「ハイパーバイザーに依存しておらず、自由に拡張できるメリットがある」(EMCジャパン ソフトウェアデファインドストレージ事業の中村雅史氏)という。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら