ラズパイZeroは、1GHz動作のCPUと、512Mバイトのメモリーを搭載。PCとして必要最小限の外部インタフェースを、6.5cm幅の大きさに詰め込んでいます。ラズパイZeroから入ってみて、機能や性能に不足を感じるなら上位機のラズパイZero Wと、最上位機の「Raspberry Pi 3」(ラズパイ3)が待っています。どちらも、IEEE 802.11n対応の無線LANとBluetoothの機能を標準で装備しています。ラズパイ3は大きさはクレジットカード大とラズパイZeroシリーズより大ぶりですが、HDMIやUSBといった外部インタフェースはパソコンとして一般的なサイズ。CPUのコア数で4倍、動作周波数で2割性能が高い1.2GHzです。本体サイズの大きさの問題を除けば、ほとんどの活用方法をラズパイ3や旧機種でも楽しめます。

 もちろん、600円/1200円は本体のみの価格。これに電源を供給するACアダプターや破損を防ぐケース、ストレージとなるmicroSDといった機材が別途必要です。本体と機材の買い方や選び方を紹介していきましょう。

 ラズパイZeroシリーズを単体でも購入できるショップは、2017年7月中旬時点で2社あります(図2)。ラズパイ専門の個人向け販売サイト「Raspberry Pi Shop by KSY」(https://raspberry-pi.ksyic.com/)を手がけるケイエスワイ(KSY)、電子工作の専門ショップ「スイッチサイエンス」(https://www.switch-science.com/)です。

「Raspberry Pi Shop by KSY」
送料:756円
送料無料金額:5000円以上
(https://raspberry-pi.ksyic.com/)
[画像のクリックで拡大表示]
「スイッチサイエンス」
送料:メール便は150円、メール便対象外の場合は500円
送料無料金額:メール便対象物は3000円以上、メール便対象外の商品は1万円以上(https://www.switch-science.com/)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Raspberry Pi Zero(ラズパイZero)シリーズを販売する国内サイト
ケイエスワイ(KSY)が運営する「Raspberry Pi Shop by KSY」、電子工作全般を取り扱うスイッチサイエンスの「スイッチサイエンス」が販売中。価格はZeroが648円、Zero Wが1296円だ。写真は2017年7月中旬時点のもの。ケースや電源をセットにした商品はほかの多くのショップでも販売されている。