SUBARU(スバル)は2018年2月8日、2017年度第3四半期(2017年4~12月)の連結決算を発表した。世界販売台数は前年同期に比べて1万6100台増加の80万1900台となり、第3四半期累計の実績としては6年連続で過去最高となった。

 主力市場の米国は、同7800台増加の50万9100台である。新プラットフォーム「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」を適用した「インプレッサ」や「Crosstrek(日本名:XV)」の販売が好調だった。日本の販売台数は同1万3300台増加の11万8800台。米国と同様にインプレッサとXVがけん引した(図1)。

図1 2017年度第3四半期累計の世界販売台数
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年度通期(2017年4月~2018年3月)の世界販売台数は、前年度に比べて2500台増加の106万7100台を見込むが、前回計画に比べると900台の減少になる。米国は前回計画に比べて3300台増えるが、中国の販売台数が前回計画より3500台減って2万6300台にとどまることが響く。日本も16万5200台と、前回計画より1400台減る(図2)。

図2 2017年度通期の世界販売台数計画
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら