スタートアップ半導体メーカーの米Ampere Computing社は、最初の製品として、サーバー向けのArmアーキテクチャーの64ビットMPUを発表した(ニュースリリース)。CPUコアはArm v8アーキテクチャーを採り、同社が独自に回路設計している。

今回の新製品。現在サンプル出荷中で、2018年下期には量産出荷を開始する予定。Ampereの写真。
[画像のクリックで拡大表示]
Renée James氏。Ampereの写真。

 Ampere ComputingのChairman and CEOは、米Intel社のPresidentだったRenée James氏が務める。Intel時代に女性幹部として名を馳せた同氏が率いるとあって、米国の大手メディアは今回の製品発表を積極的に報道している。なお同氏は現在、プライベート・エクイティ・ファンドの米Carlyle Groupのcurrent operating executiveでもある。Carlyle GroupはAmpereに2017年に出資している。

 James氏だけでなくAmpereにはIntel出身者が多いようだ。例えば、Chief ArchitectのAtiq Bajwa氏やExecutive Vice President of EngineeringのRohit Avinash Vidwans氏はIntelでプロセッサーの開発経験を持つ。Ampereの本社はIntelの本社と同じシリコンバレーのSanta Claraにあり、クルマならば数分の距離だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら