トヨタ自動車が部分改良して2018年1月8日に発売した上級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」は、同社の新世代予防安全システム「Toyota Safety Sense」を標準搭載した。新世代システムを搭載するトヨタの車種は、今回が初めてである(図1、2)。

図1 部分改良した「アルファード」
[画像のクリックで拡大表示]

 新世代システムは単眼カメラとミリ波レーダーの性能を高めて、緊急自動ブレーキを夜間の歩行者と昼間の自転車にも対応させたのが特徴である。また、全車速対応のACC(先行車追従)が作動しているときに、車線の中央を維持する「LTA」(レーントレーシングアシスト)機能を搭載した。

図2 部分改良した「ヴェルファイア」
[画像のクリックで拡大表示]

 夜間の歩行者や昼間の自転車は、主に単眼カメラで検知する。カメラのダイナミンクレンジを高めた他、画像認識ソフトウエアの改良やICチップの処理速度を高めたことなどで、夜間の歩行者や昼間の自転車を検知できるようにした。いずれも、ミリ波レーダーの情報を加えて検知する。

 車速が約10~80km/hの範囲で、夜間の歩行者や昼間の自転車に対して自動ブレーキが作動する。車速が40km/h以下であれば、夜間の歩行者や昼間の自転車との衝突を回避できる(図3)。単眼カメラとミリ波レーダーはデンソーの製品を採用した。

図3 新世代システムと現行システムの比較
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の部分改良車は、先行車や対向車に対して遮光しながらハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」(AHS)を搭載している。同システムと組み合わせることで、夜間の歩行者に対応できるとする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら