「全てのスポーツの本拠地になる」――。サッカーJリーグとの「2017年シーズンから10年間で総額2100億円」という巨額の放映権契約の締結で、世間の耳目を集めた英Perform Group(パフォームグループ)が展開する、スポーツ専門のストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」。2018年1月25日、DAZN CEO(最高経営責任者)のジェームズ・ラシュトン(James Rushton氏)は、同社が開催した2018年の事業戦略説明会で、さらなる飛躍をアピールした。

右はDAZN CEO(最高経営責任者)のジェームズ・ラシュトン(James Rushton氏)。左はDAZNのアンバサダーを務める、現WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手
[画像のクリックで拡大表示]

 DAZNは国内外130種類以上のスポーツコンテンツをネット配信している。NTTドコモとのパートナーシップ契約などによって、会員数は2016年8月の開始後1年で100万人を突破した。

2017年のDAZNの会員数のおおまかな推移(図:DAZN)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般に「OTT(over the top)」と呼ばれるネット配信は、かつては技術的な制約から「同時に数万人以上が視聴するスポーツイベントのライブ中継は不可能」と否定的な見解も多かった。しかし、今では試合の映像コンテンツをユーザーに届けるための各種技術の改善によってサービス品質が上がり、すっかり市民権を獲得した。ラシュトン氏は「2018年も新たなコンテンツへの投資を進めるなどして、成長を続けていく」と話した。冒頭のコメントは、放送と比較して設備投資コストが安く、さらに視聴者のデータを取得してマーケティングに活用することで、これまでにないユーザー体験を提供できるOTTがスポーツ中継でも主役になるとの、同氏の強烈なメッセージだ。

停止のトラブル「ゼロ」目指す

 DAZNは2017年、日本で7500試合以上をライブ中継したという。サッカーはJ1からJ3まで、Jリーグ全試合のほか、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、ラ・リーガなど欧州サッカーの人気コンテンツの多くを配信している。米国スポーツでは、プロ野球のメジャーリーグ(MLB)やプロアメフトNFLなどをラインナップしている。

 2018年はコンテンツのラインアップをさらに強化する。人気が高いサッカーのUEFAチャンピオンズリーグおよびUEFAヨーロッパリーグの試合を配信するほか、自転車競技ロードレースの配信も開始する。世界三大ツールの一つである「ジロ・デ・イタリア」、クラシックの王様である「ロンド・ファン・フラーンデレン」などUCI(国際自転車競技連合)のワールドツアー全37レース中、21レースをライブ中継する。
 
 技術面の改善も進める。映像配信のために十分なスループットが確保されず、映像が途中で停止してしまう「リバッファリング」というトラブルの発生率は、2017年2月の時点で日本で約1.2%あったという。それを同年12月には0.2%と1/6の水準にまで改善したが、2018年はさらにシステム投資を続け、「ゼロを目指す」(ラシュトン氏)。

 新機能も追加する。「フォロー&プッシュ通知」「パーソナライゼーション」「ダウンロード」である。フォロー&プッシュ通知は、ユーザーが好きな選手がゴールを奪ったり、好きなチームの試合が始まったりする際に、プッシュ通知する機能である。

 パーソナライゼーションは、ビッグデータへの投資によって提供が可能になったとする機能で、ユーザーの視聴行動や嗜好を学習することで、自分が見たいジャンルの試合などを最初に画面に表示したりする。2018年上半期のリリースを予定する。

2018年に導入する「パーソナライゼーション」機能の画面例(図:DAZN)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら