日立製作所は、車やスマートフォンに採用されるような市販のMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)加速度センサーよりも高感度で、消費電力を50%以上削減したMEMS加速度センサーを開発した(ニュースリリース、図1)。感度を示すノイズ密度は30ng/√Hz。これは従来の自動車やスマートフォンに採用されているMEMS加速度センサーのノイズ密度の1/3~1/100以下で、コイルなどを利用した資源探索に用いる大型の加速度センサーと同程度のノイズレベルだという(図2)。

図1 開発したMEMS加速度センサーと試作ボード
センサーの大きさは数ミリ角となり、従来のMEMS加速度センサーよりも大きくなる。(写真:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 開発したMEMS加速度センサーと従来の市販センサーとの比較
(図:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 消費電力は20mWで従来の1/2以下にした。橋梁やビル、埋設したガス管、水道管などのインフラモニタリングや、地番振動を利用した石油や天然ガスなどの資源調査するための計測器などに利用するセンサーの価格を安価にできるとする。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら