[画像のクリックで拡大表示]
Xilinx社Sr. Director - Automotive MarketのWillard Tu氏。

 FPGA大手の米Xilinx社は、自動車市場向けの事業戦略について2018年1月16日に記者説明会を開催した。ADAS(先進運転支援システム)向けの採用状況については、「2016年には自動車メーカー23社、85車種に採用されたが、2017年は26社、96車種に拡大した」(同社Sr. Director - Automotive MarketのWillard Tu氏)という。

 ADAS向けのうち、フロントカメラモジュール向けに絞ると、2017年の出荷数は470万個であり、市場シェアは38%となった。これはイスラエルMobileye社(米Intel社)に次ぐ第2位とする。また、2017年には中国のティア1で新たに採用されたため、今後はさらにシェアを伸ばせるという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Xilinx社のFPGAはADAS市場向けのセンシング機器に多く採用されている。

 このように同社のFPGAはセンシング機器の市場に強い。具体的には、カメラやミリ波レーダー、レーザーレーダー(LIDAR)など、さまざまなセンサーからデータを取り込み、統合する「DAPD(Data Aggregation Pre-processing and Distribution Devices)」と呼ぶ回路にFPGAが使われている。DAPDはセンサーの種類や数によって処理内容が変わるため、回路構成を変えられるFPGAが適している。

[画像のクリックで拡大表示]
FPGAは「DAPD」と呼ぶ回路部分に適しているが、今後はAIエンジン(Compute Accelerator)の領域も狙う。

 例えば、30社以上あるLIDARメーカーのうち、「1社を除く全社に採用されている」(同氏)という。LIDARはミラー回転方式、MEMS方式、フラッシュ方式、周波数変調方式など、さまざまな種類があり、それらの違いを吸収できるFPGAが選ばれているようだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら