来日した米Intel社のProgrammable Solutions Group(旧・米Altera社)のBernhard Friebe氏(Senior Director, FPGA Software Solutions)は、同社のFPGA設計環境の最新版の特徴について、日本の報道機関向けに語った。同氏が紹介した設計環境は2つ。システム/ソフトウエア設計者がCPUのアクセラレーターとしてFPGAを設計するための「Intel FPGA SDK for OpenCL 17.1」と、ハードウエア設計者がC++でFPGAを設計するための「Intel HLS Compiler」である。

Bernhard Friebe氏。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、Intel FPGA SDK for OpenCL 17.1。以前のバージョン(Intel FPGA SDK for OpenCL 17.0)と比べての特徴を同氏は4つ挙げた。第1は、OpenCLでは「カーネル」と呼ばれるFPGAに実装する処理の設計がGUIで行えるようになったことである。17.0まではテキストベースでの設計しかサポートしていなかった、IntelがCPUやGPU向けのカーネル(アプリケーションソフトウエア)を設計するために用意してきた「Intel SDK for OpenCL」のGUIをFPGA向けカーネル設計にも適用できるようにした。

OpenCLを使ってFPGAをCPUのアクセラレーターとして設計するフロー。Intelのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 「GUIベースのIntel SDK for OpenCLがCPUやGPU に加えて、FPGAもサポートするようになったとも言える。これはAlteraがIntel傘下になったことの大きなメリットの1つである」(Friebe氏)とした(関連記事1)。なお、同じGUI上で同じOpen CL(のC言語)を使ってCPUやGPU、FPGAが設計できるとは言え、ターゲット(CPU/GPU/FPGA)によってコードはかき分ける必要がある。「あるターゲット向けのコードは別のターゲットでも稼働することは可能である。しかし、そのターゲットの実力を引き出したいのならば、ターゲットに向いたOpenCL記述が必要になる。ターゲットのハードウエアの詳細を知らなくても良いが、ターゲットに向いたコーディングの知識は重要である」(同氏)

GUIベースでFPGAに実装するカーネルの設計が可能に。Intelのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら