DTSインサイトは「オートモーティブワールド 2018」(2018年1月17日~19日、東京ビッグサイト)にブースを構え(ブース番号:E49-36)、ARMコアマイコンのRAMデータをリアルタイムにモニターするツールを参考出展している。既存のCoreSightベースの手法ではmsオーダーの読み出ししかできないが、参考出展品を使えば10μsオーダーでの高速読み出しが可能になるという。

参考出展品を使ったデモを実施。赤い矢印の先がプローブが付いた本体ハードウエア(ボックス)。後方のPCでは、参考出展品のソフトウエアが稼動している。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
参考出品の製品の概要。DTSインサイトの説明パネル。
[画像のクリックで拡大表示]

 ブースの説明員によれば、日本国内で産業機器やモーター制御、クルマのボディー制御などにARMコアマイコンが浸透を始めている。そうしたリアルタイム処理のユーザーからの「高速にRAM(マイコン内蔵SRAM)を読み出したい」という要望を受けて、参考出展品を開発したという。

 高速読み出しに加えて、ARMコアマイコンへのアクセスが最小2ピンで済むことや、ユーザープログラムに改変が不要なこと、ユーザーシステム動作に影響がないことが特徴だという。参考出展品は、プローブが付いた小型の本体ハードウエア(ボックス)、およびそのボックスとUSB 3.0で接続したPC上で稼働するソフトウエアからなる。読み出したRAMのデータはグラフとして表示できる。グラフは最大4面まで表示可能で、1つの画面当たり8つの変数を登録できる。参考出展品は2018年3月に39万8000円(標準プローブモデルの税抜価格)で発売する予定である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら