フルカラーのイラストを車両の“あらゆる”窓に映す――。積水化学工業は、2020年の車載適用を目指して「自発光中間膜」の技術を開発中だ(図1〜3)。フロントウインドーやコンバイナー(表示部)を通して虚像を映す従来のヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)と異なり、ウインドー全面に情報を映せる特徴がある。サイドウインドーやリアウインドー、サンルーフへも情報を表示可能。現在はRGB(赤・緑・青)の単色表示のみ可能だが、2025年にはフルカラー化を実現したい考えだ。

図1 積水化学工業の「自発光中間膜」を用いたウインドー
[画像のクリックで拡大表示]
図2 プロジェクターでレーザー光を照射する
[画像のクリックで拡大表示]
図3 搭載するプロジェクター
[画像のクリックで拡大表示]

 積水化学工業が開発を進める自発光中間膜は、発光材料を分散させて成形した厚さ0.76mmほどの中間膜を2枚のガラスで挟んで造る。インパネやドアトリムなどに内蔵したプロジェクターからレーザー光を照射すると、中間膜内の発光材料が反応して鮮やかに光る仕組みだ(図4)。同社はガラスの飛散防止や紫外線(UV)カットなどを目的としたウインドー用の中間膜で世界シェアの過半数を握る。次なる一手として、目指すのは表示系HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)への参入だ(関連記事:部品メーカー主導の自動運転技術、オートモーティブワールド2017

図4 プロジェクターからレーザー光を照射すると、中間膜内の発光材料が反応して鮮やかに光る(出所:積水化学工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 次世代の表示系HMIで主導権を握ろうと、開発競争は激しさを増している。インストルメントパネル(インパネ)に搭載したカーナビやメーターに加えて、近年では高級車を中心にHUDの搭載が一般的になってきた。これまでドイツBMW社やドイツAudi社などの欧州メーカーが積極的に搭載車種を増やしてきたが、これを追いかけるように、日本の自動車メーカーもHUD搭載車の開発を進めている。2017年2月にはスズキが主力の「ワゴンR」で軽自動車に初めてHUDを搭載するなど、小型で安価なHUDが実現しつつある(関連記事:メーターとカーナビ勢で競争激化)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら