産業界にもスマート化の動き

 産業界でもスマート化を意識した動きが多く見られた。例えば、2015年12月2~4日に開催されたFA・計測技術の展示会「システム コントロール フェア 2015(SCF2015)」と「計測展 2015 TOKYO」では、共通メッセージとして「IoT/M2Mで世界を変える第4次産業革命」を掲げ、IoT(Internet of Things)やビッグデータといった最新のITに関する展示を強化。その結果、出展者数や出展小間数が大幅に増加し、来場者数も4万9484人と前回(2013年)の1.3倍以上に達した。工場のスマート化への関心が、この1年で急速に高まっているのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 個人的には、SCFや計測展には「良くも悪くも地味な展示会」という印象を抱いていた。しかし、2015年のSCF/計測展はこうした印象が覆されるぐらい華々しい展示が目立っており、同時期に同会場(東京ビッグサイト)で開催されていた「2015国際ロボット展」の展示と合わせて、スマート化が進んだ未来の一端が垣間見えた。

「システム コントロール フェア 2015」「計測展 2015 TOKYO」の速報記事一覧
「2015国際ロボット展」の速報記事一覧

 SCF/計測展の特別セッション「第4次産業革命で工場が変わる、社会が変わる」では、前出の西岡氏に加えて、サプライチェーンを中心に他分野のコンサルティングを手掛ける未来調達研究所取締役の坂口孝則氏と、ITを積極的に活用している武州工業代表取締役の林英夫氏の3氏が、スマート化について語り合った。

大企業の工場も、シェアリングエコノミーに組み込まれる
スマート化で日本は本当に遅れているのか

[画像のクリックで拡大表示]