4004シリーズLSIの開発が終了し、1970年11月下旬に帰国した。私の本来の仕事、プリンタ付き電卓の開発が始まった。

 帰国後、プリンタ付き電卓の機能の仕様を決め、電卓用プログラムの作成に着手した。同時に、開発支援システムのような試作用エンジニアリング・システムを作った。試作用エンジニアリング・システムを、4004CPU、市販SRAMを使った4001ROMエミュレータ、4002RAM、4003SR、電卓用プログラムをROMエミュレータに読み込ませるために、科学技術計算用電卓に搭載していたIBM風カードリーダー、PDP-1風の表示付き操作盤などで構築した。4004CPUのシステムバスとROMエミュレータとのインタフェースをインテルから供給されたMOSトランジスタを使って作成した。

 操作盤には、ROMエミュレータへの12ビット分のアドレス入力スイッチ、8ビット分のデータ入力スイッチ、書き込みボタン、ROMエミュレータに格納したデータの出力表示、4004システムバス上のアドレス出力と命令入力とデータ出力などの表示、そしてリセット・ボタンを設けた。

図1 電卓の試作器に使用したカードリーダー

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!