米Amazon.com社は2017年11月23日から27日までの米国最大のショッピングシーズン(「感謝祭」から「ブラックフライデー」、そして「サイバーマンデー」まで)の週末の間、同社のサイトで最も売れた商品は音声対話型人工知能(AI)「Alexa(アレクサ)」搭載のAmazon製デバイス、つまりAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」関連製品だったと発表した。

Amazon.com社の「Echo」シリーズの新製品「Echo Plus」(写真:Amazon.com社)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によると、この期間だけで「何百万台」ものデバイスが売れ、Amazon製品内だけでなく、他社のどの製品カテゴリーを含めても最高の売上台数をマークしたという。

 この売上の勢いには価格攻勢も手伝った。Amazon社はこの期間中、小型のEchoである「Echo Dot」の価格を49.99ドルから29.99ドルへ、通常のEchoを99.99ドルから79.99ドルへ、新製品の「Echo Plus」を149.99ドルから129.99ドルへ、持ち運びができる「Amazon Tap」を129.99ドルから79.99ドルへと、いずれも大幅に値下げしていたのだ。

 Amazon社は、「これで世界中で何千万人もの人々が、Alexaを利用してホリデーシーズンの準備にかかることでしょう」と続けている。今年になってEchoの製品シリーズは、カメラやスクリーン付きの「Echo Look」、「Echo Show」、「Echo Spot」などいきなりラインアップが増えたのだが、Echo関連製品はこれまで約2000万台売れていると推計されている(音声技術関連メディアの米Voicebotによる)。特に売上を伸ばしているのは、小型の「Echo Dot」だ。

 2017年6月に発表されたNPR(公共ラジオ)と米エディソン・リサーチ社の調査では、米国の家庭の7%がすでにAIスピーカーを所有している。米コムスコア社によると、今年10月時点でWi-Fiを導入した家庭ではその割合は11%だという。この数字は数カ月前の6月には8.1%だったので、着々と増えていることが分かる。米ガートナー社は、2020年には75%の家庭がAIスピーカーを持つようになると予測する。

買い足したい人が45%

 では、米国のユーザーはAIスピーカーを実際どのように利用しているのだろうか。筆者の周囲を聞きまわってみると、AIスピーカーを所有している人は多いが、1日中話しかけているようなヘビーユーザーはほとんどいなかった。ヘビーユーザーではないが、例えば以下のような使い方が浮かび上がってきた。

 Hさんは4人家族。ご主人と二人の子供の部屋に、合計3台のAmazon Echoを設置している。1台はすでにあったが、Hさんの夫が、子供達にも新しいテクノロジーに親しんで欲しいと、今年のプライムセールの際に買い与えた。

 Hさん一家のように、AIスピーカーを複数台所有する家庭は少なくない。NPRとエディソン・リサーチ社の調査では、ユーザー家庭のうち、1台のみ所有は58%、2台が24%、3台以上は18%となっている。すでに持っていても、もう1台買い足そうと考える人は45%にも上っている。慣れれば、家の中の異なった部屋でも使いたいと思うようになるのだろう。

 さて、Hさんの家庭での使い方は、目覚まし、音楽を聞く、株価を確かめる、が定番。特に16歳の長女は、学校から帰宅するなりAlexaに話しかけて、お気に入りの音楽を聞き、そのまま夜までかけっぱなしだ。また、宿題で分からないことがあると、やはりAlexaで辞書やウィキペディアの説明を聞く。

 ユニークなのは、Alexaで電話をかける使い方だ。ティーンエージャーらしく部屋にこもってしまう子供たちを呼び出すのに利用する。「Alexa、◯◯に電話して」と伝えると、子供たちの携帯電話が鳴る仕組みだ。

65%が「元の生活に戻りたくない」

米国最大のショッピングシーズンに、家電量販店に積まれた「Google Home 」関連製品(写真:瀧口範子)
[画像のクリックで拡大表示]
 夫婦二人でアパート暮らしのYさんも、キッチンに米Google社の「Google Home」、バスルームに「Google Home Mini」を置いている。いずれも、スマートフォン(スマホ)契約の際にもらった。

 Yさんは、1日に15〜20回はGoogle Homeに話しかけている。キッチンではタイマーとして利用したり、料理の食材を確かめたりする。バスルームでは、出かける前に時間や天気を確認したり、バスタブでニュースや音楽を聴いたりする。訪ねてきた友人夫妻もそんな様子を見て、すぐに購入したという。もう慣れてしまったので、「ない」と不便を感じるだろうと言う。

 もう一人、70代のFさんはパートナーと二人暮らし。テクノロジー業界に長く身を置いてきたこともあり、新しい物好きだ。Amazon Echoは初期の予約販売時から待って手に入れた。その後、Echo Dotも購入した。Echoはキッチンに、Echo Dotは寝室に置いている。

 彼女はEcho Dotにしょっちゅう話しかけているという。IoT電灯の「Philips Hue」が4カ所に取り付けられているので、それを音声で操作したり、テレビのオン・オフ、音楽の再生、ニュース、天気予報の情報取得などに使う。一部の買い物もEcho やEcho Dotでする。ドッグフード、洗剤など、どのブランドのどの商品かが決まっているものだ。たまに「ジョークを言ってちょうだい」と告げたりもする。

 実は、Google Homeも6カ月前に買ったが、ほとんど使っていない。Amazon Echoに慣れてしまったし、それで十分間に合っているからだ。いずれにしても、こうしたAIスピーカーがないと、かなりの不便を感じるだろうと言う。

 上記のNPRとエディソン・リサーチ社の調査でも、42%のユーザーがAIスピーカーは「生活の中で重要な位置を占めている」と言い、65%は「それがない生活には戻りたくない」としている。知らず知らずのうちに、AIスピーカーとの共同生活に親しんでしまうのだろう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら