記事一覧

スポーツIT革命の衝撃

「使用禁止ヘルメット」10製品 本気度増すNFL脳震盪対策

2018/11/07 05:00

渡辺 史敏=ジャーナリスト

 ヘルメット10製品の使用を禁止――。米プロアメリカンフットボールNFLは今シーズン、厳しい決断を下した。深刻な問題となっている「脳しんとう(脳震盪)」への対策の一つだ。NFLとNFL選手会(NFLPA)がカナダ・オタワの独立系ヘルメット・テスト研究所、バイオキネティックスに委託し、ヘルメットの衝撃吸収性能を評価したテスト結果によるものである。

NFLとNFL選手会(NFLPA)が実施した、ヘルメットの衝撃吸収性能テスト結果(図:NFLとNFLPA)
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、全選手の98%以上が使用しているヘルメット34製品が評価を受け、上位17の製品が「トップパフォーミング・グループ」とされたのに対し、10の製品が十分な衝撃吸収機能を持たない「使用禁止ヘルメット」に指定された。

 うち6製品に関しては、昨シーズン使用していた選手のみ継続使用を認めたが、米ローリングスの4製品に関しては同社がサポートを終了していることから全面的に使用禁止となった。この評価テストは昨年も行われたが、使用禁止製品が指定されたのは今回が初めてである。