記事一覧

スポーツIT革命の衝撃

目指せサッカー発産業共創、清水エスパルス×日本IBMの挑戦

2018/07/06 05:00

内田 泰=日経 xTECH

 選手は国の威信をかけて戦い、世界で数億人以上の人々が試合に熱狂する――。熱い戦いが続いている「2018FIFAワールドカップ ロシア」だが、今、世界ではサッカーを単なるスポーツの枠にとどめず、人々がそこに注ぐ熱量や愛着を活用してイノベーションを創出する取り組みが増えている。世界的に有名なサッカークラブと外部の企業が連携し、新しいサービス・製品を開発するベンチャー企業の育成を支援する「オープンイノベーション」が各所で始まっている。

 例えば、英国の名門サッカークラブのアーセナルFCは2017年9月、ベンチャーキャピタル(VC)のLmarksと共同で、ベンチャー企業の育成支援を目的とした「Arsenal Innovation Lab」を開始した。スペインの名門、FCバルセロナは2017年3月、スポーツの未来に向けた研究開発施設「Innovation Hub」を開設している。

 サッカーではないが、スポーツクラブが先導するオープンイノベーションの草分け的存在と言えるのが、米メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースが2015年に開始した「LA Dodgers Accelerator」だ。VCの米R/GA Venturesが参画する。既に15のベンチャー企業を育成支援し、その中には業界で名前が知られる存在になり、より大規模な資金調達に成功した企業が複数出ている。データ分析用のソフトウエアを提供する米Kinduct、イベント会場向けの決済システムを提供する米Appetize、リアルタイムにバスケットボールを解析するソフトを提供する米ShotTrackerである。

Jリーグ単独チームで初の試み

Jリーグの単独チームでは初の試みとなるオープンイノベーション「SHIMIZU S-PULSE INNOVATION Lab.」を始動させた、清水エスパルスの試合の様子(写真:清水エスパルス)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした取り組みが、いよいよ日本にも波及してきた。J1に所属する清水エスパルスが「SHIMIZU S-PULSE INNOVATION Lab.」を始動させた。全国に名の知られたサッカーチームの集客力や、サポーターたちの熱い思いを活かし、オープンイノベーションで新サービス・製品を生み出すことを目指す。既にプロ野球では横浜DeNAベイスターズがベンチャー企業と新たなスポーツ事業の共創を目指す「BAYSTARS Sports Accelerator」を2017年12月に立ち上げているが、Jリーグの単独チームでは初の試みだ。

2018年5月に開催された「SHIMIZU S-PULSE INNOVATION Lab.」の記者会見の様子。右は清水エスパルスの運営会社エスパルスの代表取締役社長である左伴繁雄氏、左は日本IBM GBS事業本部コグニティブAI/IBM SPORTSの岡田明氏(写真:清水エスパルス)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本IBMがクラウド、AI(人工知能)といったテクノロジーと、同社が有するアクセラレータープログラム(スタートアップなどを支援して新ビジネス創出を目指す取り組み)を提供する。テクノロジーを活用したサービス・製品を試作し、エスパルスの本拠地であるIAIスタジアム日本平で実証する。

 5月12日からアイデアを募集し、6月20日に応募を締め切った。7月上旬に第一弾の選考結果を発表する予定だ。7~8月はビジネスモデル構築などについてのワークショップを5回開催し、8~9月の開発・実証を経て10月に予定する「Demoday」で成果を発表する。日本政策投資銀行が、事業化が有望なサービスに投資する可能性もあるという。

日経テクノロジーオンラインSpecial