記事一覧

スポーツIT革命の衝撃

気まぐれな自然に泣く海のスポーツ、救いの手はIoT

ICTが彩るウインドサーフィンW杯(上)

2018/06/07 05:00

今井拓司=ライター

(写真:Professional Windsurfers Association)
[画像のクリックで拡大表示]

 体重100kg級の巨漢が時速50kmを超えるスピードで雪崩を打って突っ込んでくる。吹き飛ばされそうな風に、目一杯張り詰めたセール。凸凹とうねる海面に暴れ続けるボード。巨大な道具を手なづけ、ねじ伏せ、居並ぶ強敵とブイの隙間をかいくぐって頭一つ抜けた選手が栄冠に近づく。

 ウインドサーフィンのスラローム競技は、風下に向かって浮かぶいくつものブイを巡り、いち早くゴールを切った者が勝つ。その魅力は自然のパワーを意のままに操り、誰にも負けない速さを競う熾烈な先陣争いにある。しかも世界のトッププロの真剣勝負となれば、迫力は桁違いだ。

 2018年5月10~15日、神奈川県横須賀市で「ANAウインドサーフィンワールドカップ」が開かれた。2017年の前回大会より風に恵まれ、スラローム競技は男女1レースずつ、今年から新設されたフォイル競技は4レースが成立した。横須賀市によれば、会場に足を運んだ人数は6日間合計で約4万9000人。約3万3000人だった前回を大きく超え、目標に掲げた4万人も余裕で上回った。

横須賀市・津久井浜に集まった観戦客
[画像のクリックで拡大表示]

 詰め掛けた観衆を大いに沸かせたのが、情報通信技術(ICT)の活用である。もちろん、現実の選手や大勢のファンとの間で、激戦が繰り広げられる空間と時間を共有するのは、技術そのものからは得難い体験だ。あくまで情報通信の本分は、感動を何倍にも増幅することにある。ただし今回の大会では、気象に左右されるスポーツならではの苦しい事情があった。

日経テクノロジーオンラインSpecial