記事一覧

スポーツIT革命の衝撃

Bリーグ川崎、データ駆使でケガ「ゼロ」への挑戦

2018/05/25 05:00

内田 泰=日経 xTECH

 2018年5月26日に2017~2018年シーズン最後の試合となる、年間チャンピオン決定戦が開催されるプロバスケットボールのBリーグ。今シーズンはトーナメント戦のチャンピオンシップ(CS)大会の準々決勝で敗退したものの、2年連続でCS出場を果たした強豪が川崎ブレイブサンダース1である。

B1に所属する川崎ブレイブサンダースの試合の様子。2018~2019年シーズンからオーナー企業が現在の東芝からDeNAに変わることが決まっている
(写真(C)川崎ブレイブサンダース)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 川崎ブレイブサンダースを運営するTBLSサービスの親会社である東芝と、ディー・エヌ・エー(DeNA)は、DeNAの子会社「DeNAバスケットボール」が2017~2018年シーズン終了後にTBLSサービスのバスケットボール事業部門を吸収して7月1日までに運営体制の移行を完了することで基本合意している。

 この強さの裏には、ある“武器”が存在する。「データを駆使した選手のコンディション管理とケガ予防」である。同チームはこの点において、現時点でB1、B2の合計36チームの中で先頭を走っていると言ってもいいだろう。

 その武器とは、プロサッカーチームを中心に採用が進んでいるスポーツ向けGPS(全地球測位システム)デバイスを活用したコンディション管理である。ただし、サッカーと異なり屋内で競技するバスケットボールの場合、GPSの信号が屋内に届かないため、デバイスが内蔵する加速度センサーのデータを主に使う。

 同チームで管理栄養士、ストレングスコーチ、アスレティックトレーナーを統括し、選手のコンディションを管理する責任者が、TBLSサービスの吉岡淳平氏(バスケットボール事業部チーム担当川崎ブレイブサンダース フィジカルパフォーマンスマネージャー)である。同氏は「(デバイスを採用していなかった)昨シーズンは、完治までに2週間以上~3週間超のケガが3件発生した。その主力3人が欠場した試合の合計数は40試合近くにも上る。それが今シーズンは2週間以上試合を休むようなケガはほぼ出ていない」と、導入の効果を語る。

TBLSサービスの吉岡淳平氏。同社バスケットボール事業部チーム担当川崎ブレイブサンダース フィジカルパフォーマンスマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

選手全員が練習中に装着

 川崎ブレイブサンダースが使用しているのは、オーストラリアCatapult(カタパルト)が販売するスポーツ向けGPSデバイス「OptimEye S5」である。カタパルトはサッカーを中心に世界で1500チーム以上を顧客に持つ、この製品分野のリーダーである。

カタパルトの「OptimEye S5」。GPSに加えて他のGNSSにも対応。加速度/角速度/地磁気センサーを内蔵する(写真:カタパルト)
[画像のクリックで拡大表示]

 同チームが本格導入したのは2017年11月で、Bリーグでは現時点でも唯一。練習中に選手全員の15名が装着してデータを取っているという。

 同チームではS5が内蔵する加速度センサーを使い、プレー時の加速・減速、ジャンプ、前後左右への動きを計測し、それらを合計した「プレーヤーロード」を算出。選手に対する練習や試合での負荷をチェックしている。試合ではまだあまり装着していないため、負荷はシーズン中に実施した練習試合や練習中のプレーヤーロードの1分間当たりの平均値に、出場時間を掛けて算出しているという。

 「ヘッドコーチが求めているのは、チーム練習の強度や運動量。これまでは比較できるデータがなかった。それがS5でデータを4週間程度取ることで、およそ分かってきた。試合での選手のパフォーマンスを見ながら『練習をもっとしても良かった』などと数字で判断できるようになった」(吉岡氏)

 同チームではS5以外に、選手に対して「起床時の精神的および肉体的な疲労度」「睡眠が十分に取れたか」「体に痛みがないか」など、主観的な情報を入力させてクラウドに蓄積している。両者を突き合せてみると、データで負荷が高いときは疲れを感じているなど、主観データとS5の客観データには相関関係がかなり見えているという。こうしたデータを元に「1週間の理想的な過ごし方・ルーティン」を作ることを目標にしている。

選手がOptimEye S5を装着したところ。“デジタルブラジャー”とも呼ばれる装具を着けて背中の部分のポケットに入れる(写真(C)川崎ブレイブサンダース)
[画像のクリックで拡大表示]

日経テクノロジーオンラインSpecial