記事一覧

スポーツIT革命の衝撃

AIが改善点提示、スーツ型デバイスで動作負荷を可視化

2019/04/01 05:00

森元 美稀=ライター

出典: 日経 xTECH、2019年3月26日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

模範作業者の動作データと部位ごとに自動比較

 もう一つは、リアルタイムに身体の負荷を推定し、適切な作業姿勢を提示する技術。あらかじめ計測した模範作業の動作データと作業者の動作データを部位ごとに自動比較し、重要な違いを生んでいる作業箇所と身体部位をAIが特定する。

 例えば、重量物の持ち上げ時に「腰とひざの動きが模範動作と異なる」など、身体負荷への影響が大きい部位の評価を作業者に分かりやすく示す。作業中の様子を動画撮影しておけば、分析結果と組み合わせることで作業者の改善点が視覚的にも把握しやすくなる。

模範作業者(緑色)と作業者(青色)動作の違いをリアルタイムに計測し、比較・評価するための実験用画面。
【左上】身体負荷の評価の時間推移。【右上】課題の見つかった動作の動画。動画撮影は必須でないものの、併用することで把握しやすくする。【左下】各身体部位の状態推移。【右下】各身体部位の動作に対する評価
[画像のクリックで拡大表示]

 日立とDFKIは今後、今回の技術を作業支援や危険行動の防止に活用し、さまざまな現場における作業者の安全確保や健康管理、作業教育の効率化につなげる。