ネットで調べるが通院しない、そんな人にも使ってもらう

保険の一部適用を前提とした遠隔診療サービス「ポートメディカル」

2015/11/16 00:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 日本初をうたう、保険の一部適用を前提とした遠隔診療サービスがいよいよ立ち上がる。メディア事業などを手掛けるポートが、お茶の水内科 院長の五十嵐健祐氏らと共同開発した「ポートメディカル」だ(関連記事1)。スマートフォンなどを介して遠隔で医師と患者をつなぎ、診断、処方、医薬品の配送までをワンストップで実現する。

 サービスの狙いや展開について、五十嵐氏にも同席してもらい、ポート 代表取締役CEOの春日博文氏に聞いた。五十嵐氏は2015年12月9日の『どうなる? 遠隔診療 ~厚労省の“解禁通達”で潮目が変わる~』(主催:日経デジタルヘルス)に登壇。「臨床医から見たニーズとアプリ開発の取り組み」と題して講演し、今回のサービスも紹介予定である(関連記事2)。

五十嵐氏(向かって左)と春日氏(同右)
クリックすると拡大した画像が開きます

(聞き手は大下 淳一=日経デジタルヘルス)

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング