米Qualcomm社は現地時間2017年10月16~18日、同社の最新技術や業界のトレンドについて意見交換するイベント「Qualcomm 4G/5G Summit」を中国・香港で開催した。ここではそのイベントから、5G(第5世代移動通信システム)に関連するデバイスのトピックを解説する。このうち前編では、同イベントに合わせて発表したミリ波対応5Gスマホの参照(レファレンス)デザインを中心に、2019年の商用化に向けたロードマップを紹介する。

 「2019年、ミリ波に対応した超高速ブロードバンドの5Gスマホが製品として登場する。これがそのレファレンスデザインとなる端末だ」――。米Qualcomm Technologies社のExecutive Vice President 兼 米Qualcomm CDMA Technologies社のPresidentであるCristiano Amon氏は、米Qualcomm社の最新技術や業界のトレンドについて意見交換するイベント「Qualcomm 4G/5G Summit」(2017年10月16~18日、中国・香港)の基調講演において、声も高らかにこう報告した。

米Qualcommが開発したミリ波対応5Gスマホのレファレンスデザイン
米Qualcomm Technologies社のExecutive Vice President 兼 米Qualcomm CDMA Technologies社のPresidentであるCristiano Amon氏が基調講演の中で紹介した。端末カラーはブラック。
[画像のクリックで拡大表示]

 またこの端末はリファレンスモデルにもかかわらず、ボディーカラーがローズゴールドの別端末も用意されるなど、5Gスマホの現実感を強く強調する姿勢が明確だった。実際、この基調講演の中でAmon氏は何度も「Reality」(リアリティー)と発言し、他の講演でもQualcomm社のスピーカーが「Reality」を繰り返していた。

色違いの端末を用意
外形寸法は76mm×157.25mm×9.7mm。端末の右に見えるチップは2016年10月に発表済みの5Gモデムチップ「Snapdragon X50」。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら