本コラムは、数々のイノベーションで広く知られる3Mグループにおいて、大久保孝俊氏が体得したイノベーション創出のためのマネジメント手法を具体的に紹介します。大久保氏は、自身で幾つものイノベーションを実現しただけでなく、マネジャーとして多くの部下のイノベーションを成功に導きました。

前回:「ありがとう」を生むのが真のイノベーション

 ここまででイノベーションの設計図の詳細に入る前段階として、「イノベーションとは何か」について解説した。今回から2回は、もう1つの大切な前提である「イノベーションにおけるマネジメント」について共通認識を得たい。

図1 イノベーションの4つのステップ
これら4つのステップのどれか1つが欠けてもイノベーションは達成できない。特にアイデアは技術者のやる気と自主性が不可欠となる。
[画像のクリックで拡大表示]

 マネジメントは、日本語で「管理」と訳されることが多い。最も分かりやすいのが目標管理だ。例えば、工場では、1日当たりや1カ月当たりの生産台数、品質(不良率)、コストなどの目標が設定されており、マネジャーはそれを達成するために作業者や設備の稼働状況を管理していく。

 一方、イノベーションにおけるマネジメントは、こうした目標管理のアプローチとは大きく異なる。管理というよりもコーチングに近い。主役は実際にイノベーションに挑戦する技術者などの現場の担当者だ。マネジャーの重要な役目の1つは、彼らを支援することなのである。

やる気と自主性を引き出す

 イノベーションを創出するためには、現場の技術者などの頭の中にある「玉石混交の多数のアイデア」の中から、顧客の満足に貢献するものを見いだし、「それを高品質で低コストで商品化する具体的なプロジェクト」を立ち上げた後、「事業として展開して顧客満足と自社の利益を実現」しなければならない(図1)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら