「PlayStation(PS) VR」のヘッドマウントディスプレー(HMD)部である「VRヘッドセット」のフレキシブル基板に続いて、メーン基板を見てみる。メーン基板は小さく、実装されている半導体部品も少ない。メーン基板の表側で目立つのは、中央部分に実装されたICである。その刻印から、東芝のHDMIとDSIのブリッジIC「TC358870XBG」とみられる。PS VRでは、「PlayStation(PS) 4」で再生したゲームの音声・映像信号を、PS VRの一部である小型装置「プロセッサーユニット(以下、PU)」にHDMIで出力する。前述のICは、このHDMI信号をDSI信号に変換し、有機ELパネル側に送信している。

 PS VRでは、有機ELパネルの左側と右側をそれぞれ独立して駆動し、左目用と右目用の映像を表示している。このため、ブリッジICからのDSI信号の出力は、左目用と右目用の2チャネル分ある。

VRヘッドセットのメーン基板の表側。中央部分にあるのがブリッジIC
VRヘッドセットのメーン基板の表側。中央部分にあるのがブリッジIC
[画像のクリックで拡大表示]
VRヘッドセットのメーン基板の裏側
VRヘッドセットのメーン基板の裏側
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!