米国で家族のため収入を安定させ、また、専門家としてキャリアーを築いていく上で、避けて通れない点が、失業問題である。失業してしまう理由としては、所属企業が競争に負けて淘汰されてしまうことが挙げられるが、景気循環の波にのまれることも大きなファクターである。

米国における失業率の推移
米Department of labor、Bureau of Labor Statisticsよりの許可を得て引用

 上図は、米国における失業率の推移である。ほぼ、10年ごとに失業率が10%近くという高い数字になっている点が目を引く。米国で失業率が高くなる原因は、リセッション(景気後退)を引き金とした、企業の業績不振によるリストラや、企業倒産である。これは、資本主義国家の社会現象といってよいだろう。筆者が失業による厳しい現実を目の当たりにするのは、1980年代に米国製造業が日本製造業に完敗した時、およびサブプライムローン問題を引き金におきた2008年のリーマンショック後である。特に後者の影響は大きかった。

 失業、リセッションと暗い言葉を並べているが、回復過程についても述べたい。何度も陥るリセッションの後、米国経済はなんだかんだ言っても立ち上がってくる。「もうこれで米国経済もおしまいだ」と言われたことが何度もあったが、転んでも再び起き上がってくる。米国の底力を体感してきた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら