「電子薬」の登場と、そのポテンシャル