記事一覧

スポーツとイノベーション

卓球で沖縄変える、沖縄から卓球変える Tリーグ琉球の挑戦

琉球アスティーダ 代表取締役 早川周作氏インタビュー(前編)

2018/11/12 05:00

久我智也=ライター

業界の「タブー」を壊したい

 そうした循環や施策ができると、卓球というスポーツの価値も拡大し、Tリーグが掲げる「卓球関連の職域拡大とセカンドキャリアの創出」「卓球産業の拡大」といった理念の実現につながる気がします。こうした理念についてはどうお考えでしょうか。

早川 スポーツ選手が引退後に起業をしても稼げないことが多くあります。失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、それはスポーツしかやってきていないからです。もちろん、色々なものを犠牲にしてスポーツに打ち込んできたことはリスペクトすべきですし、もっと認められていいことだと思っています。しかし、引退後のことを考えると、現役時代からビジネス的な感覚を持たせること、経営感覚を養うことは非常に重要です。

「業界のタブーを壊したい」と言う早川氏(写真:久我智也)
[画像のクリックで拡大表示]

 アスティーダでは、選手たちに対して引退後もしっかりとご飯が食べられるように教育をしていきたい。そして、チームが運営する卓球バルや卓球教室のフランチャイズを任せるといったことを考えています。一方、スポーツで名を成した選手の中には人の下で働くことを嫌がるケースもあると思いますので、そういった場合には起業のサポートもしていきます。そういう仕組みや受け皿を増やすことで、セカンドキャリアの創出をしていきたいですね。

 もう1つ重要なことだと考えているのが、選手の年俸に関する情報を公表していくことです。例えば我々は、丹羽選手に対して1日の試合に出場することで100万円を、勝利給としては30万円を出します(金額はいずれも推定)。なぜプロ野球選手があれだけ球児たちの憧れの的になるかと言ったら、高年俸がもらえるからですよね。

 同じように、敢えてTリーグの選手たちの収入を発表していくことで、卓球に夢を持ってほしいんです。そうすれば子供たちも練習を頑張るでしょうし、卓球に対する考え方も変わってくるでしょう。

 もちろんお金がすべてではありませんが、スポーツ業界はそういったお金の部分を隠しがちなので、そのタブーを壊し、現実を知ってもらうことが重要だと思います。

 ところで、アスティーダとしては現在どのような課題を抱えているのでしょうか。

早川 率直に言うと課題はありません。というのも、我々はベンチャーとしてやってきた経験があるので、課題を課題と思わない習慣が身についています。もちろん解決すべきことはありますが、それは決して解決できないものではなく、やるべきことが明確になっています。あれもできる、これもできるという考えの方が強いですね。今は歴史を変える仕事をしているわけなので、課題とは感じずに、前へ前へと進んでいる状況です。

(後編へ続く)