記事一覧

スポーツとイノベーション

セカンドキャリアに人材育成、元貴乃花親方が考える相撲界改革

日本相撲界のイノベーション(上)

2019/02/25 05:00

上野直彦=スポーツジャーナリスト

新しい中央競技団体が必要なワケ

日本出身の横綱の存在は不可欠だと考えていますか。

花田 相撲が「国技」といわれる所以は、自然と共にある神道において日本の神事と根強くつながっていることがあります。この精神を正しく伝えるために、やはり日本出身の横綱が常に土俵の上に君臨している。これは目指すべき姿の一つと、常に考えていました。もちろん、日本出身の力士しか相撲を取れないという意味ではありません。

講義を聞いていて、人材や力士の育成に大変関心をお持ちであることが伝わってきました。

花田 おっしゃる通りで、新弟子の確保という意味で人材を発掘していくのは小学生では遅いくらい、本当は幼稚園でもいいほどです。

 「力士」には、裸足のままで土の上で身体を鍛えた地上最強の力人、武器を持たない力人、当たり合いにも勝つ力人、人を傷つけない力人などの意味があります。15歳など出来るだけ若い年齢での入門数を増やすには、セカンドキャリアの確立が最も重要だと思います。

とはいえ、セカンドキャリアの確立も現状では親方個人の力量に任されています。それには限界がありますし、引いてはいい人材が他の競技に向かってしまう可能性すらあります。

花田 セカンドキャリアの確立については、中央競技団体というしっかりとした組織が必要になると思います。力士が相撲界を旅立った後もちゃんと仕事をしているかどうか、団体が月に1度などの頻度で把握し、送り込んだ先に対しても責任ある行動を取る。これが中央競技団体のあるべきセカンドキャリアの構築ではないでしょうか。

 人材面で私が考えている問題がもう一つあります。現在は高校や大学を卒業した関取、幕の内力士が増えています。私が相撲部屋でスカウト活動をしていた際に経験したことですが、全国の有望な子たちには強豪の高校・大学が目をつけており、親の希望で高校に行って、大学進学の道までを約束されてしまいます。

 こうした現状があるのに、中卒で相撲部屋へ入って2カ月に1回しか給料をもらえない場合があったり、出世できなかったりしたら…というのが親の本音だと思います。ですから、大学へ進む道が出来ている学校法人と一相撲部屋の個人事業主がスカウト合戦をすると、相撲部屋には勝ち目がありません。

 なので、日本相撲協会と日本相撲連盟が全く別の組織になっている現状ではなく、いずれは新しい中央競技団体を設立し、日本相撲協会と日本相撲連盟がその傘下に入るというのが私の構想です。こうなれば、中学を出て相撲をやりたい子はすぐに相撲部屋に入り、高校に行きたい子は高校へ進学、大学で相撲をやりたい子は大学で相撲というように選択肢が増えます。

(後編に続く)