記事一覧

スポーツとイノベーション

セカンドキャリアに人材育成、元貴乃花親方が考える相撲界改革

日本相撲界のイノベーション(上)

2019/02/25 05:00

上野直彦=スポーツジャーナリスト

相撲部屋とJクラブの最大の相違点は組織体制

師匠とは、つまり親方のことですね。組織体制(下の図)を見ても相撲部屋とJリーグのクラブでは随分と違います。

花田 おっしゃる通りです。相撲部屋とJクラブの組織図の違いは一目瞭然です。Jクラブの社長は必ずしも元サッカー選手ばかりではなく、経営の専門の方がされていることも多い。さらに取締会、株主総会、経営会議などに専門家や外部の人を招聘してクラブ経営をされています。ところが相撲部屋は、親方のみです。親方一人で担わなければならない負担があまりに大きいのが現実です。

Jリーグのクラブと相撲部屋の組織図
(出典:浦和レッズ組織図)
[画像のクリックで拡大表示]

 親方になる際、現役時代の名前がよく知られて実績があればいいのですが、元横綱や元大関ではなかった場合には、どれだけ大変になるか。

 親方も元力士で、大抵の方が義務教育終了後に即入門します。相撲畑だけで育ってきた力士がそのまま親方になって部屋を持つわけです。当然、部屋の運営や経営などの知識や経験はほとんどありません。

 ここにこそ改善の余地があり、例えばJクラブの組織のように経営は経営の専門家、広報は広報の専門家が担当するというように、相撲部屋の経営を少しずつでも変えていくことが重要ではないかと、私は以前から主張してきました。