お薦めトピック

「行動経済学」はヘルスケアの突破口になるか

人の“性”へ訴える手法を活用した事例に見る

2018/10/10 10:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 「過去の大型商品に比べて1.5倍のペースで申し込みが殺到している」――。住友生命保険が2018年7月に発売した健康増進型保険「住友生命『Vitality』」は、9月上旬時点で既に6万2000件の申し込みがあるという。

健康増進型保険「住友生命『Vitality』」(提供:住友生命保険)
クリックすると拡大した画像が開きます

 このVitalityは、従来の一般的な保険商品とは一線を画す仕組みを整えている。まず、Vitalityに加入しない場合の価格から保険料が15%割引される。そして、健康増進の取り組み次第で価格が変動するのだ(関連記事)。

健康増進の取り組みに応じてステータスが判定される(提供:住友生命保険)
クリックすると拡大した画像が開きます
ステータスに応じて保険料が変化する(提供:住友生命保険)
クリックすると拡大した画像が開きます

 つまり、加入者が健康増進のために積極的な行動をとれば保険料がさらに割引され、逆の場合は保険料が上がってしまう。こうした仕掛けは、健康への行動変容という難題に向き合っているデジタルヘルス業界からも大きな注目を集めている。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング