• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

医療機関もSNSコミュニケーションの時代へ

遠山 仁啓氏/清水 教弘氏 日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部

2018/07/04 09:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 マイクロソフトは、コラボレーション強化や業務の効率化につながる可視化ツールを顧客企業に提案しています。最近は医療分野で活用いただく場面も増えてきました。ここではその事例を紹介させてください。

日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部の遠山氏(写真:加藤 康、以下同) 
クリックすると拡大した画像が開きます
日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部の清水氏 
クリックすると拡大した画像が開きます

 私達が提供しているツールの一つは、メールや予定表をクラウドで管理するものです。これにより、例えば1週間のうちでメールの閲覧や作成に費やした時間、送受信したメールの既読率などが分かります。会議に費やした時間、そのうちメンバーが重複している割合、会議中に内職をしていたかどうかなども把握できます。そしてフォーカス時間(企画や資料作成のためのまとまった時間)や残業時間などを含め、AI(人工知能)が週ごとの業務内容を分析してレポートを作成します。

 こうした分析から、組織内の人的ネットワークも可視化できます。Tier1、2、3などと呼んでいるのですが、仕事で絡む場面が最も多い相手、その次に多い相手などが分かる。メール返信が常に遅い人に対しては、電話や声がけなど別の方法を取るべきだということになりますし、毎回内職しているような会議があれば、ただ義理で出ているだけでは、と分かるわけです。

 こうした分析を、個人だけではなくマネジャーや経営層とも共有する。これにより、業務や経営の改善につなげていくことができます。

「LINE」を好む医療機関も多い

 医療機関でよく使ってもらっているツールが、ポータルです。この座談会のパネリストである山内(英子)先生の聖路加国際病院でも、10年ほど前から我々のポータルを活用してもらっています。このツールでは例えば、診療部門や委員会のチームごとにポータルサイトをつくり、会議の議事録や資料、クリニカルパス、インシデントレポートなどを共有するといった使い方ができます。

 ソーシャル時代に適したコミュニケーションツールも提供しています。チャットを基本とする「Teams」がそれです。マイクロソフトは従来、電子メールによるコミュニケーションに軸足を置いてきましたが、これからはチャットでのコミュニケーションの時代になります。Teamsはこれを意識したツール。デバイスを問わず使え、チャット形式で残した記録を後から振り返ったりもできます。

クリックすると拡大した画像が開きます

 Teamsを活用している医療機関の一つが亀田総合病院です。カルテに書くほどではない指示や伝達事項を、Teamsで共有する。職員が各自のスマートフォンでそんな使い方をしています。

 医療機関にヒアリングしてみると、業務にかなり近いところで「LINE」を使っているケースも多いようです。チャットやスタンプは、医療者にとっても馴染みのツールというわけです。私達はセキュリティーを担保した業務用チャットツールを提供しており、ぜひこれを医療機関でも活用してもらえればと考えています。

 あらかじめ決めたチーム内で、Facebookのように“一対多”の情報発信ができる院内SNSツールも提供しています。写真を貼り付けて共有したりできますので、医療機関で(患者情報の)申し送りに活用いただいている例があります。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング