• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

医療の働き方改革、何が実現できて何が障壁なのか

最終回となる議論を実施

2018/06/22 12:30
小谷 卓也=日経デジタルヘルス

 日経デジタルヘルスは2018年6月15日、医療界や行政、産業界など、さまざまなキーパーソンが参加する座談会「働き方改革が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」(座長:京都大学医学部附属病院 医療情報企画部長 病院長補佐 教授の黒田知宏氏、特別協力:日本マイクロソフト、全3回)の最終回を東京都内で開催した。13人のパネリストが活発な議論を交わした。

第3回座談会の様子(写真:加藤康、以下同)
クリックすると拡大した画像が開きます

 本座談会は、ソーシャルホスピタル(社会全体で医療を担う世界)の考え方や、ツールとしてのICT活用などの視点を交えた医療従事者の働き方改革と、これからの医療の未来像を全3回で議論する企画。第1回では、「タスクシェアリングの推進」と「ICTの活用」に主な論点を絞って議論を開始(関連記事)。「医療分野は特殊だから…」という考え方を、まずは変えていくべきだという意見が多く出たことを踏まえ、第2回では民間(産業界)における働き方改革の最先端事例に触れながら、そうした取り組みが医療分野に投影できるのかどうかについて議論を進めた(関連記事)

座長を務めた京都大学医学部附属病院 医療情報企画部長 病院⻑補佐 教授の黒田知宏氏
クリックすると拡大した画像が開きます

 最終回となる今回は、これまで2回の議論を受けて、「医療分野における働き方改革やタスクシェアリングにおいて何が実現できそうかと考えるか」「その実現のために障害があるとすれば何か」という点に対する各パネリストの意見表明から議論を開始した。

 本連載では、第3回座談会における各パネリストの発言を順次、お伝えしていく。今回参加したパネリストは次の通りである。

・経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長 西川和見氏
・内閣官房 健康・医療戦略室 参事官 岡本利久氏
・総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室長 渋谷闘志彦氏
・医療法人社団鉄祐会 理事長 武藤真祐氏
・隠岐広域連合立 隠岐島前病院 院長 白石吉彦氏
・聖路加国際病院 乳腺外科部長・ブレストセンター長 山内英子氏
・東京ベイ・浦安市川医療センター 集中ケア 認定看護師 戎初代氏
・医療法人恒貴会 訪問看護ステーション愛美園 所長 中島由美子氏
・東京女子医科大学東医療センター 救急医療科 救命救急センター 医師 赤星昴己氏
・ハイズ 代表取締役社⻑ 医師 裴英洙氏
・日本調剤 専務取締役 三津原庸介氏
・日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部 遠山仁啓氏
・日本マイクロソフト 医療・製薬営業統括本部 清⽔教弘氏

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング