お薦めトピック

倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは?

AIやIoTを駆使し医療の質や患者満足度を上げる

2018/11/21 11:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス
出典: 日経メディカルOnline,2018年11月20日 , (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

倉敷中央病院(岡山県倉敷市)とGEヘルスケア・ジャパンは2018年11月2日、機械に通信機能を持たせた製品(IoT)や人工知能(AI)を駆使した「ブリリアントホスピタル」構想を実現するための包括契約を締結したと発表した。医療スタッフの導線や滞在分布、医療機器の稼働状況を分析することで、医療スタッフや機器の稼働の効率化を目指す。

2018年11月2日に開催された発表会の様子
クリックすると拡大した画像が開きます

 米GEはデータをリアルタイムに活用して作業効率を最適化する「ブリリアントファクトリー」の概念を提唱・実践してきた。そのノウハウを医療機関に応用する試みがブリリアントホスピタルだ。

 医療機関にとって、診療に用いる機器の入れ替えは医療の質、ひいては患者満足度の向上にもつながる重要な判断だ。だが、現場の希望を全てかなえるのは、病院経営上不可能なこと。倉敷中央病院ではかねて、機器の新規購入の際に稼働状況をチェックすることで、優先順位を明確にすることを目指していた。

 同病院ではまず、技術の変化が特に早く、毎年のように新製品が登場するため、年間10数台分の新規購入を求める申請がある超音波診断装置に着目。2015年から2016年にかけて、購入を検討するために試験的に導入した機器の稼働状況をデータ化しようとした。各診療科の医師や臨床工学技士などに機器の使用状況を記録してもらい、新しい機器が必要かどうかを見定めようと試みたが、「忙しくてとても記録していられない」という意見が噴出。結局、機器の使用状況の記録は諦めざるを得なかった。

 手をこまぬいていた同病院の問題を解決したのが、GEヘルスケア・ジャパンだった。GEヘルスケア・ジャパンでは、同社の日野工場で働く人や機器に通信チップを付けて接続し、効率化を図ってきた。X線CT装置のガントリー(架台)の組み立て作業に関しては、導線を工夫して作業員がネジやドライバーを取りにいくなどの付帯業務にかかる時間を極力減らすことで、1990年には5日間かかっていた作業を、わずか4時間12分で行えるようにまでなった。2017年夏、倉敷中央病院の幹部がGEヘルスケア・ジャパンに相談し、ブリリアントファクトリーを応用したブリリアントホスピタルプロジェクトが動くことになった。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング