これが「8K腹腔鏡」手術の実力だ(page 2)

毛細血管まで鮮明、高精細映像は手術をどう変える?

2018/04/25 11:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス
出典: 日経メディカルOnline,2018年4月24日 , (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

8Kの翌日2Kを見ると「ショックを受けた」

 手術の人員体制に関しては、腹腔鏡を操作する必要がないため、3人の医師が必要だった手術を2人で行うことができる。ただし、術者とは別に、手術室内でモニター画面を見ながら全体像から拡大像を切り出すスタッフが必要になる(写真2)。

写真2 手術室のスタッフ、機材の配置 カメラを操作する必要がないため、執刀医と助手の2人で手術を進めることができる(今回の臨床試験では不測の事態に備えて、中央の写真にあるように3人の医師が参加)。手術室の奥では、全体像からズームインする部分を切り出す操作を行っている(右写真)
クリックすると拡大した画像が開きます

 8K腹腔鏡システムで見える映像について国立がん研究センター中央病院大腸外科科長の金光幸秀氏は、「開腹手術の際に肉眼で見るものに近いか、それ以上に鮮明」と表現する(写真3)。8Kで撮影した映像を半日以上見続けた翌日、2Kの腹腔鏡システムを使った手術を執刀した金光氏は、「白内障になったかと思うほど映像の粗さが気になった」と振り返る。かすみがかかったかのように見える映像を目の当たりにし、ショックを受けたという。

写真3 2Kと8Kの比較画像 左が2K、右が8Kで撮影した画像。(写真提供:国立がん研究センター)
クリックすると拡大した画像が開きます

 腹腔鏡手術では開腹手術のように直接臓器を触ることはできないが、「画質が明らかに向上しているため、触感を補える」と金光氏は話す。大腸癌の手術では、特に後腹膜との接地面をより精密に剥離できるようになる点に、8Kシステムの利点を感じるとのことだ。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング