田中耕一氏に聞く、アルツハイマー病変早期検出の意義(page 3)

ノーベル賞技術を活用、わずか0.5mLの血液から

2018/03/28 10:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

“診断”に活用できる可能性も

 これらの根本治療薬や予防法が確立すれば、今回の検出技術を超早期の“診断”そのものに活用できる可能性も出てくると田中氏は展望する。

 ただし、その場合には他の診断法が決して不要になるわけではない。例えば、画像検査で得られる“アミロイドβが蓄積している部位”の情報は、「症状の深刻さを判断するのに役立つ」(同氏)からだ。それぞれの手法によって得られる情報が異なるため、それらを組み合わせる使い方を同氏は想定している。

 島津製作所は現在、質量分析技術をアルツハイマー病以外の疾患の診断や創薬にも応用する研究を進めている。例えば、血液を使って大腸がんや乳がんを診断する方法の研究開発を進めているという。将来的には、一回の検査で採取した血液を使って複数の疾患をスクリーニングすることも視野に入れている。

サンプルをのせるプレート
クリックすると拡大した画像が開きます
質量分析計にプレートを入れている様子
クリックすると拡大した画像が開きます

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング