ブロックチェーンは医療にどう活用できるのか(page 5)

2018/01/22 10:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス
出典: 日経メディカルOnline,2018年1月18日 , (記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

AIと組み合わせて臨床上のエビデンスを創出

 人工知能(AI)の医療応用においても、「ブロックチェーンと組み合せる方法が効果的だ」とヘルスケアクラウド研究会の笹原氏は指摘する。AIの活用では、機械学習用にどのようなデータセットを用意できるかがポイントになる。その際、ブロックチェーン上で管理するオンチェーンのデータと、そうではないオフチェーンのデータをいかにうまく連携させ、学習用データセットとしてAIに取り込めるかが鍵を握る。

 例えば、ウエアラブル機器で収集するさまざまな生体情報はオフチェーンのデータとし、オンチェーンのデータ(データの共有や連携、アクセス権限などに関する情報)と結びつければ、ブロックチェーンを入り口としてAIに学習させるような仕組みを作ることができる。体温や血圧、心拍といった個々の情報からは見えてこなかった臨床上の知見が、ブロックチェーンを介したデータ連携によって得られる可能性がある。「単体ではビジネスになりにくかったウエアラブル機器やソフトウエアが、ブロックチェーンを介した連携によって価値あるエビデンスを生むデータソースになる」と笹原氏は説明する。

 日本では2018年以降、医療等IDや次世代医療基盤法といった、医療情報の活用に向けた制度運用が本格化する。これらに続くステップとして想定されるのが、ブロックチェーンの導入である。「2018年中に実臨床での試験運用が始まるようでないと、医療等IDや次世代医療基盤法などと歩調を合わせてブロックチェーンの利用環境を整えていくことが難しくなる。2020年以降の診療報酬改定を見据え、保険で算定されるようなブロックチェーンのサービスモデルを考えていくことも必要だろう」(笹原氏)。

 行政側の動きについては、厚生労働省に先行して経済産業省がブロックチェーンの医療応用を議論している段階だ。医薬品医療機器等法(薬機法)をはじめとする、医療分野の法制度との整合性などの検討が進んでいる。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング