ソニーが “体感型玩具”と銘打つ「toio(トイオ)」。2018年1月30日に先行予約申し込み者に発送された。連載「新里祐教のIoT開発キットで遊ぼう!」の執筆者である新里氏(GMOインターネット 特命担当技術分析官)がこの先行予約販売セットを入手できたため、さっそく製品をレビューしてもらうことにした。

 前回、技術的な検証を忘れるほど、すっかり夢中になって「toio collection」で遊んでいた新里氏。今回は、2つめのタイトルである「工作生物ゲズンロイド」を見ていく。前回のtoio collectionが主に「ゲーム」であったのに対して、今回のゲズンロイドは「工作」の色合いが濃い。

 今回は、「工作生物 ゲズンロイド」を使って遊んでいこう。NHK教育テレビジョン(Eテレ)の教育番組「ピタゴラスイッチ」でお馴染みのクリエイター集団「ユーフラテス」が、toioを使って面白い動きをする遊びを楽しめるようデザインした、注目のタイトルだ。「紙工作+キューブ型ロボットで未知の生命体が現れる」という表記と、パッケージから見える「めだま」から、もう不思議なドキドキ感がしてくる。

「工作生物 ゲズンロイド」開封の儀
クリエイター集団「ユーフラテス」が、toioを使って面白い動きをする「生命体」を作ったとなれば、いやでも期待が高まる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!