「トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます」では、日本メーカーの管理者や社員が抱える悩みに関して、トヨタ自動車流の解決方法を回答します。回答者は、同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏。自身の経験はもちろん、優れた管理手腕を発揮した他の管理者の事例を盛り込みながら、トヨタ流のマネジメント方法を紹介します。
悩み
課長として部下を管理・指導しています。若手が多いからか性格が素直な部下が多く、その点では助かっています。しかし、課題や問題点について指摘した直後はよいのですが、しばらくすると手を抜いてしまうケースが目立つのです。改めて指摘すれば動くのですが、指摘しなければ自ら動くことはあまりありません。部下をもっと自ら積極的に動くようにするには、どうしたらよいでしょうか。

編集部:今回の悩みでは、なんとなく部下が仕事を軽視しているように感じられます。仕事に対する思い入れがあまりないように感じられるのです。部下を適切に指導するのは管理者の大切な仕事ですが、仕事に対する心の持ちようを変えるのは難しいのではないでしょうか。

肌附氏─仕事に対する部下の心を入れ替える、ということですね。このコラムで既に何度か言いましたが、トヨタ自動車の管理者の多くが心掛けている指導方法は、部下を信頼して仕事を任せ、褒めて指導するということです。そして、場合によって叱ることも忘れてはいけません。これが基本です。

 今回の悩みのケースでは、厳しく叱るという方法を採ることもできるかもしれません。以前述べた通り、ルールや規則、安全に関する違反、もしくは過失に関する問題であれば、部下を厳しく叱って指導してもよいでしょう。しかし、叱ることよりも効果的な方法があるのです。

編集部:叱ることよりも効果的なものがあるのですね。それは一体何でしょうか。

肌附氏─ずばり「率先垂範」です。部下に注意して欲しい仕事や絶対に処理して欲しい仕事なのに、軽視されたり無視されたりしているものがあれば、管理者自身が率先してその仕事に取り組むのです。上司が自ら「手本」となる行動を見せることで本気の度合いを示し、部下の関心を高めて意識を変えることを狙います。

編集部:率先垂範という言葉はよく聞きます。しかし、抽象的すぎて、具体的なイメージが湧きにくい面があります。トヨタ自動車での事例はありませんか。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら