閉じる

法律制度Q&A

日経エネルギーNext

目次

  • 一般海域での洋上風力、促進地域と事業者はこう決める

    再エネ海域利用法の運用方法を弁護士が解説

    洋上風力発電を促進する新しい法律、いわゆる「再エネ海域利用法」が4月1日に施行日を迎える。再エネ海域利用法を巡っては2018年末から国土交通省と経済産業省が合同会議を開催し、具体的な運用を検討している真っ最中。新制度の具体像を西村あさひ法律事務所川本周弁護士に解説してもらった。

  • 今後も続く、バイオマス発電の制度変更

    バイオマスFIT比率変更に2つの期限設定、留意すべきポイントを弁護士が解説

    2018年末、バイオマス発電のFIT比率に関する制度変更案が業界を揺るがせた。再エネ議連が動き、エネ庁が当初提案を大幅に見直す形で12月20日に大枠は決着したものの、制度の詳細はまだ明らかになっていない。今回導入される新制度の内容とバイオマス発電に関する政策動向で留意すべきポイントを、西村あさひ法律…

  • 長期未稼働案件の買取価格減額、対応は待ったなし

    提案から意見募集開始までわずか1週間、新制度の勘所を弁護士が解説

    資源エネルギー庁が、長期間にわたり未稼働の太陽光発電案件の買取価格を減額する方針を打ち出した。運転開始期限の「3年ルール」から外れていた事業用太陽光発電案件について、適用する買取価格を減額。運転開始期限も新たに設定する。新制度の提案から意見募集まで、わずか1週間。急展開となった新制度について、西村あ…

  • 事業者に責任のない事由で運転開始が遅れてもダメ?

    FITの運転開始期限制度の厳しい運用を弁護士が解説

    固定価格買取制度(FIT)に、太陽光発電への運転開始期限制度が設けられて2年が経過した。この4月からは風力やバイオマスといった他の再エネ案件も対象となり、長期未稼働を防止するための方策が整いつつある。では、運転開始期限の制度はどのように運用されているのだろうか。西村あさひ法律事務所の川本周弁護士に解…

  • 再エネ電源に新負担?見えてきた新ルールの中身

    送配電網の維持・運用費用の発電事業者負担ルールを弁護士が解説

    送配電網の維持・運用費用の負担方法が変わる。発電事業者も費用を一部負担する新制度の内容が固まってきた。固定価格買取制度(FIT)を利用する太陽光発電なども適用対象となる見通しだ。新制度の概要と、特に影響が大きい再エネ電源への適用方法について、西村あさひ法律事務所の川本周弁護士に聞く。

  • 洋上風力の新法案、事業者と価格の決定方法は?

    新法案のポイントとFITとの関係を弁護士が解説

    洋上風力発電を取り巻く環境が慌ただしくなっています。政府は3月9日、洋上風力に関する新法案を閣議決定しました。欧州では既に再生可能エネルギーの主力として導入が進む洋上風力ですが、日本ではまだ実証実験止まり。今回の法案成立は日本での洋上風力の普及にどの程度の影響があるのでしょうか。西村あさひ法律事務所…

  • 法改正からまだ半年、バイオマスに制度変更?

    今春にも入札制度導入へ、突然すぎるFIT見直しを弁護士が解説

    資源エネルギー庁は突如、バイオマス発電に入札制度を導入する方針を打ち出しました。2017年11月28日の調達価格等算定委員会でのことです。昨年4月の改正FIT法施行により、バイオマス発電を含むリードタイムの長い電源については、今後3年間のFIT価格を定めたばかり。わずか半年余りでの急激な制度変更は各…

  • 新電力撤退の大東エナジー、あの顧客対応はアリ?

    撤退時に遵守すべきルールを弁護士が解説

    大東建託の新電力子会社、大東エナジーが電気事業から事実上の撤退を決め、顧客の間で混乱が起きている。大東エナジーの顧客対応は法的に問題ないのだろうか。新電力事業から撤退する場合に留意すべき点を弁護士に解説してもらった。

  • バイオマスの過剰認定は太陽光に次ぐバブル?

    来年度に向けたFIT見直し議論がスタート、バイオマスの行方を弁護士が解説

    バイオマス発電の固定価格買取制度(FIT)の認定量が、2017年3月末時点で政府の2030年の導入見込量の2倍を超えた。経済産業省は9月末から、翌年度のFIT条件を議論する会合を再開。毎年恒例の委員会だが、今年の主題はバイオマスだ。バイオマス発電のFIT見直しの方向性を弁護士に読み解いてもらった。

  • 電力取引でデリバティブ扱いになるものは?

    電気事業法と商品先物取引法で揺れる電力取引の法的側面を弁護士が解説

    日本の電力取引は発展途上だが、電気事業者のリスクマネジメントの観点からも整備が欠かせない。ただし、取引形態の多様化には、電気事業法以外の法律や制度の整理も必要になってくる。今回は電力取引におけるデリバティブの扱いについて、西村あさひ法律事務所の松平定之弁護士に解説していただく。

  • 太陽光の事後的過積載、制度改正は不意打ち?

    再エネ政策の最新動向と今後の制度改正のヒントを弁護士が解説

    かねて太陽光発電で問題視されてきた「事後的過積載」が制度改正で事実上、禁止になる。西村あさひ法律事務所の川本周弁護士に、事後的過積載に関する新規制と、今回の制度改正から読み取れるFIT制度の行方に探るヒントを解説してもらった。

  • パリ協定で排出量取引や炭素税が始まる?

    温暖化対策がビジネスに及ぼす影響を弁護士が徹底解説

     「米国と米国民を守るという厳粛な責務を果たすため、パリ協定を離脱する」――。6月2日、トランプ米大統領は宣言しました。京都議定書に続き、再び米国がグローバルでの温暖化対策の枠組みから、離れようとしています。他方、日本はパリ協定を批准し、「2050年度80%削減」という壮大な目標を掲げています。目標…

  • 太陽光バブルの申し子、権利転売の盲点は?

    FIT権利売買の法的側面と注意点を弁護士がスッキリ解説

    固定価格買取制度(FIT)によって、太陽光バブルと揶揄されるほど急速に太陽光発電の導入が進んでいます。これに伴い太陽光発電所に関する権利売買も活発化しています。では、太陽光発電所の「権利」とはどういったものなのでしょうか。売買の際に留意すべきポイントを、西村あさひ法律事務所の川本周弁護士に解説してい…

  • 「ガスが調達できません」、支援制度はある?

    新規参入者がガス自由化で使えるルールを弁護士が解説

    今年4月、電力から1年遅れてガスも全面自由化を迎えた。もっとも、電力に比べて新規参入する事業者の数は圧倒的に少ない。その大きな理由が「ガスの調達が難しいこと」。電気の場合、日本卸電力取引所の活用や、制度措置である「常時バックアップ」によって電力を調達することができる。では、ガスの調達の選択肢は。エネ…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る