今夏、電力価格のこれまでの常識が大きく変わるかもしれない。太陽光発電の影響が大きくなり、日中価格が夜間価格を下回る現象が顕在化し始めている。猛暑の日中に電力価格がピークをつけるという過去の常識が通用しなくなったとき、何が起きるのだろうか。

 今年は梅雨入りが早い。梅雨ともなれば日差しが少なくなる一方で、湿度が上がり、夏に向けた冷房需要が立ち上がる季節だ。例年であれば、電力需要が伸び始めると同時に日本卸電力取引所(JEPX)の取引価格が少しずつ上昇していく。ところが、今年は様相が違う。

 グラフ1を見て頂きたい。上段は大阪の1日の最高気温とその日の天気予報(晴れか雨かなどのマーク)記した。下段は、関西電力管内の日中価格(7時~16時:日照が期待できる時間帯)と夜間価格(20時~翌4:00:日照が期待できない時間帯)のそれぞれの平均の推移である(2018年3月~6月初め)。

日中と夜間の価格が逆転
関西エリアの天気予報と電力市場価格(出所:日経エネルギーNext電力研究会)

晴れると日中価格が安くなる

 このグラフで明らかなのは、夜間価格と日中価格の逆転現象だ。

 電力関係者の今までの常識は、需要が大きい日中価格が高く、需要が少ない夜間価格が安いというものだった。

 グラフの下段で薄青色の網掛けをしたのは、日中平均価格が夜間平均価格を下回る、ないしは上回っても0.5円/kWh以内の日だ。上段で対応する日に同じ網掛けをした。すると、晴れが予想された日で日中価格が夜間より安くなる現象がはっきり確認できる。これまでの常識が通用しなくなっていることが分かる。

 東京エリアで同様の比較をしてみたのが下のグラフ2だ。東京エリアも関西エリアほどではないものの、同様の傾向を見て取れる。

関東も日中が安い傾向が強まる
東京エリアの天気予報と電力市場価格(出所:日経エネルギーNext電力研究会)