弁護士が読み解くデジタルヘルス最新動向

2016/03/30 00:00

 遠隔診療、要配慮個人情報となった医療情報の取り扱い、遺伝子情報の解析と利活用など、最新技術が関係する医療分野の新サービスについて、ITやデジタルヘルスに詳しい弁護士の落合 孝文氏が解説します。

落合 孝文(おちあい たかふみ)
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士(第二東京弁護士会所属)
慶應義塾大学理工学部卒業、同大学院修士課程を、在学中に司法試験合格後中退。森・濱田松本法律事務所(東京オフィス、北京オフィス)を経て現職。企業・団体の法務、デジタルヘルス、FinTechといったIT等の技術が問題になる法律問題、知的財産等も扱う。第二東京弁護士会仲裁センター運営委員会副委員長、Incubation & Innovation Initiative (III)アドバイザーも務める。「銀行とFinTech企業によるイノベーション‐金融法とIT法の側面から見たFinTechの論点整理‐」金融法務事情2月10日号(2016)、『震災法務Q&A 企業対応の実務』(金融財政事情研究会、2011)など著書多数。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング