IBM Watsonを「10年/1000億円」の創薬に

第一三共が導入

2016/02/24 04:00
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 「創薬の“匠(たくみ)”と呼ばれてきた研究者の英知や勘を、Watsonに持たせる。これにより、開発した薬は必ず製品化に成功するようにしたい」(第一三共 執行役員 研究開発本部長 兼 研究開発企画部長の赤羽浩一氏)――。

 2016年2月18日に日本語版の提供が始まった米IBM社のコグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」(関連記事)。日本の製薬企業として、その利用にいち早く手を挙げたのが第一三共だ。2月18日に日本IBMとソフトバンクが開催したWatson日本語版の発表会では、顧客企業の1社として登壇。新薬開発を統括する赤羽氏が、導入の狙いを語った。

第一三共の赤羽氏
クリックすると拡大した画像が開きます

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング