2017年1月開催の「CES 2017」における大手部品メーカーの展示内容を紹介する本シリーズ。第2回はTDKの主な出展物を紹介する。

 同社はCES会場内の公開されたブースではなく、コンベンションセンターの「サウスホール」奥にあるプライベートルームで新製品を披露した。中でも同社がアピールしていたのが、スマートフォン用カメラなどに向けた光学式手振れ補正(OIS)用の機構部品である。直径25μmの形状記憶合金(SMA)ワイヤーをOIS用のアクチュエーターとして利用し、手振れを補正する。

 VCM(ボイスコイルモーター)を利用する一般的なOIS用アクチュエーターに比べて、消費電流が小さく、OIS機構を薄くしやすいという。駆動時の電圧は2.5Vで、電流は50mAとする。SMAワイヤーを用いたOIS機構の外形寸法は、9.5×9.5×0.3mmである。2017年第2四半期の製品化を予定する。

直径25μmの形状記憶合金(SMA)ワイヤー
直径25μmの形状記憶合金(SMA)ワイヤー
[画像のクリックで拡大表示]
SMAワイヤー利用のOIS機構
SMAワイヤー利用のOIS機構
[画像のクリックで拡大表示]
手振れ補正のデモ。右がSMAワイヤー利用のOISを搭載した場合
手振れ補正のデモ。右がSMAワイヤー利用のOISを搭載した場合
[画像のクリックで拡大表示]

 触覚フィードバック用途に向けて展示したのが、薄いピエゾアクチュエーターである。偏心モーター(ERM)やリニアバイブレーター(LRA)といった競合技術に比べて、高い加速度と大きな発生力、速い応答時間を薄型で実現したことが特徴だという。変位特性が100µmで最大5Nの力を発生する「5Nタイプ」と、変位特性が200µm超で最大20Nの力を発生する「20Nタイプ」の2種類がある。これらは、2016年11月に開催された「electronica 2016」でもアピールしていた(関連記事)。

上が「5Nタイプ」、下が「20Nタイプ」
上が「5Nタイプ」、下が「20Nタイプ」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら