米Texas Instruments社は、高解像度ヘッドライトシステム向けDLPチップセット「DLP5531-Q1」を開発し、「CES 2018」(2018年1月9日~12日、米国ラスベガス)で発表した。対向車や交通標識などへの光を弱くして反射を最小限に抑えながら、歩行者や障害物をいち早く発見するためにそれ以外の部分にハイビームを照射するヘッドライトをADB(Adaptive Driving Beam)と呼ぶ。同DLPチップセットはプログラマビリティとヘッドライトあたり100万画素以上の解像度を備えており、ドライバーに最大限の輝度をもたらしながら、対向車や再帰性反射材料を使った交通標識からの反射を最小限に抑えたヘッドライトシステムの設計を可能にするという。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら