トヨタ自動車は2018年1月15日(米国時間)、レクサスブランドの上級クロスオーバーSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)のコンセプト車を、「デトロイトモーターショー2018(NAIAS2018:一般公開は2018年1月20~28日)」で公開した(図1)。

図1 コンセプト車「Lexus LF-1 Limitless」
[画像のクリックで拡大表示]

 同コンセプト車「Lexus LF-1 Limitless」はレクサスブランドの将来の旗艦SUVという役割に加えて、トヨタグループにおける電動化と自動運転化を先導する車両になる。電動化では2025年までに同コンセプト車を、ハイブリッド車(HEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)に対応させる。

 トヨタは世界で販売する全ての車両を2025年ごろまでに、これらの電動専用車あるいは電動グレード設定車にする計画を打ち出している(関連記事:トヨタ、2025年ごろまでにエンジンだけの車種をゼロに)。今回のコンセプト車はその先導役になる(図2)。

図2 コンセプト車のサイドビュー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら