Phoenix Contact社CTOのRoland Bent氏
Phoenix Contact社CTOのRoland Bent氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツPhoenix Contact社は、産業用コントロールシステムの展示会「SPS IPC Drives 2016」(2016年11月22~24日、ドイツ・ニュルンベルク)で開いた記者会見において、PLC(Programmable Logic Controller)製品群に対して標準化された技術を導入していく方針を明らかにした。「Industrie 4.0」(インダストリー4.0)時代に求められる「オープンコントロールプラットフォーム」を構築する狙いがある。

 Phoenix Contact社CTOのRoland Bent氏が、2023年に向けた同社の中長期経営戦略「Agenda 2023」の一環として、「PLCnext Technology」と称するPLCの開発方針を紹介した。ちなみに、2023年は同社にとって創業100周年となる節目の年である。

「PLCnext Technology」というコンセプトで標準的な技術の取り込みを進める
「PLCnext Technology」というコンセプトで標準的な技術の取り込みを進める
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら