お薦めトピック

今あえて、“ユビキタス時代”をキーワードにしたワケ

大会長の宇都由美子氏に見どころを聞く

2018/11/14 09:00
増田 克善=日経デジタルヘルス

 「第38回 医療情報学連合大会(第19 回 医療情報学会学術大会)」が2018年11月22~25日に福岡市の福岡国際会議場・福岡サンパレスで開催される。大会テーマは「ユビキタス時代の医療ICTへの挑戦-医療保健チームの広がりと新たな機能分化-」である。今大会の事務局は鹿児島大学病院医療情報部が担い、医療情報部部長の宇都由美子氏(医歯学総合研究科 医療システム情報学 准教授)が大会長を務める。その宇都氏に大会テーマの意図、見どころを聞いた。

(聞き手は小谷 卓也、増田 克善=日経デジタルヘルス)

大会長を務める宇都氏(写真:小森園豪、以下同)
クリックすると拡大した画像が開きます

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング