IoTのプラットフォームを提供する米Ayla Networks社に、「ET/IoT Technology 2017」(2017年11月15日~17日、パシフィコ横浜)で話を聞いた。同社がET/IoT Technologyにブースを構えたのは、今回が初めてである。

Jessica Zhou氏(General Counsel and Vice President)。日経テクノロジーオンラインが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2010年に創業した。本社のあるシリコンバレーを中心に、世界で160名の従業員がいる。創業7年と若い企業だが、同社のJessica Zhou氏(General Counsel and Vice President)によれば、すでに100社を超えるユーザー企業がいるという。同社のIoTプラットフォームを利用することで、ユーザー企業は、例えば、そのユーザー企業が販売しエンドユーザーが使っている機器からデータを吸い上げて、保守を効率的に行える。遠隔での機器のソフトウエアを更新することもできる。また、エンドユーザーが持つスマートフォンを使って機器を操作する仕組みの提供も可能である。

富士通ゼネラルとAylaが共同開発したアプリケーションソフトウエア「FGLair」を使った、エアコン制御のイメージ。富士通ゼネラルの図。
[画像のクリックで拡大表示]

 すでに日本にも、Aylaのユーザー企業はいる。例えば富士通ゼネラル。同社の海外向けエアコンのエンドユーザーがスマホを使って外出中でも遠隔操作したりモニターしたりするためのアプリケーションソフトウエア「FGLair」を、Aylaと共同で開発した(富士通ゼネラルのニュースリリース)。日立ジョンソンコントロールズ空調も同様なスマホ利用のエアコン遠隔操作の実現に向けて、Aylaと契約を結んだ(Aylaの日本語ニュースリリース)。また、村田製作所は、AylaのIoTネットワークに対応した無線LANモジュールを提供している(製品ページ)。

村田製作所の無線LANモジュール「Type YD」(品番:LBWB1ZZYDZ)。AylaのIoTプラットフォームに対応する。村田製作所の写真。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら