富士ソフトは、「ET/IoT Technology 2017」(2017年11月15日~17日、パシフィコ横浜)に構えたブースで、独自開発したIoT向けのゲートウエー装置を展示した。MPUやMCUは使わずに、CPUコア内蔵FPGA(米Intel社の「Arria 10 SoC」)を搭載した。センサーなどのエンドポイントからのデータを処理する、いわゆるフォグコンピューティングを狙う。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら